市民の力でもとからごみを減らすしくみを作ろう!

2011年1月15日 12時26分 | カテゴリー: トピックス

クリーンむさしのの市民集会にお越しください

 容器包装リサイクル法の改正に向けて、国に対する請願署名活動に「武蔵野生活クラブ運動グループ地域協議会」(武蔵野・生活者ネットワークも構成団体です)も賛同団体としての活動を進めています。
 1.容器包装の分別回収・選別費用負担のあり方を見直すこと
 2.2Rを推進する具体的な対策をとること
  2Rとは、Reduse(リデュース)まず減らす 
      Reuse(リユース)何回も繰り返し使う
という意味です。現在はRecycle(リサイクル)をしていればごみを減らしていると安心されている方がたくさんいらっしゃいますが、実は現在の「容器包装リサイクル法」では、私たちの税金を使ってリサイクルが行われているのです。リサイクル費用の85%を自治体が負担しています。武蔵野市おいては、平成21年度は、2億7000万円!!です。事業者にもっと真剣に発生抑制に取り組み、資源の無駄使いによる環境負荷を減らすことが求められています。

 2月10日(木)13時30分〜15時30分 芸能劇場(三鷹駅北口)においてクリーンむさしのを推進する会の市民集会が開かれます。
 市民集会では、武蔵野市のごみの現状や今後の取り組みと、容器包装の3Rを進める全国ネットワークの中井八千代さんの講演があります。

 現在の法律の何がいけないのか、どうしたら私たちの大切な税金を無駄にせずにすむのか学び、持続可能な社会に転換するための署名活動にご協力ください。

 まずは、「マイバッグ持参で『レジ袋はいりません』の一言」も大切です。