むさしの市民平和月間

2017年10月23日 17時20分 | カテゴリー: トピックス

「むさしの市民平和月間」は、戦争のない平和な社会を実現するため、武蔵野市民が声をかけあって取り組んでいる一斉行動です。11月3日から11月24日を大まかな期間として、様々なグループによるたくさんの企画があります。下のプログラムをご覧ください。(クリックすると大きく見えます。)生活クラブ運動グループ地域協議会も参加しています。私たちの企画を3つ紹介します。

☆ 水曜カフェ「身近な人の戦争体験を共有しよう」

11月 8日(水) 13時 30分~

武蔵野・生活者ネットワーク事務所(中町3-11-13-102)

資料代 100円

「はだしのゲンが見たヒロシマ」

11月16日(木)10時~12時 武蔵野プレイス4階フォーラム

参加費:無料

漫画家・中沢啓治が自身の生い立ち、広島での被爆体験から「はだしのゲン」を描くまでの半生を語るドキュメンタリー映画 (2011年 77分) 監督:石田優子

「美ら海を未来へ ~ 辺野古・高江、新基地建設反対によせる思い ~」上映&トーク

11月16日(木)19時~21時 武蔵野プレイス4階フォーラムA

参加費:1000円(学生500円)

ドキュメンタリー映画 (2017年 70分) 制作:国際環境NGO FoEjapan

※上映後、満田夏花さん(FoEjapan)のお話

問合せ・申し込み(いずれも):武蔵野・生活者ネットワーク TEL/FAX 0422-36-3767