木製のガードレールが誕生しました

2006年10月26日 14時00分 | カテゴリー: トピックス

街に木のぬくもりを感じて

武蔵野・生活者ネットで毎年出していた予算要望「市道のガードレールを多摩地域の間伐材で作られた木製にする。」が邑上市政となって実現しました。
場所は境南町のイトーヨーカ堂西館横です。
木製のガードレールは桜並木と調和する落ち着いた雰囲気で、小さい石の椅子が配置され、座って風景を楽しむことができます。

木製のガードレールは強度や値段の点でどこにも使えるというものではありませんが、武蔵野市の美しい景観作りに役立つと共に多摩地域の間伐材を利用することで森林の保全や林業の活性化にも役立ちます。

19年度にも木製のガードレールを増やしていくよう求めていきます。