遺伝子組み換え食品・・・食べないために表示を

2016年9月20日 13時33分 | カテゴリー: トピックス

 不安がいっぱい遺伝子組み換え食品・作物 その2

2001年消費者の力によって、遺伝子組み換え食品表示制度ができました。

しかし、対象食品の数は少なく、豆腐や納豆、味噌程度で、最も使用されている食用油や醤油、飼料には表示義務がありません。

トウモロコシや大豆はたくさんの食品添加物に加工されあらゆる食品に入り込んでいますが、表示はありません。

清涼飲料水・パン・漬物・菓子類など食品に含まれている「ぶどう糖加糖液糖」または「加糖ぶどう糖」には、遺伝子組み換えされたアメリカ産のトウモロコシから作ったコーンスターチが使用されています。

知らないうちに食べている遺伝子組み換え食品。

消費者が選択できるよう、すべての食品に表示を求める活動をしています。

 

パパ遺伝子組換えって、チラシ映画「パパ、遺伝子組み換えってなぁに?」上映会&講演会

  • 日時 2016年12月3日(土)13:30~16:30 (開場 13:15)
  • 場所 武蔵野市芸能劇場 2階小ホール(最寄り交通機関 JR中央線 三鷹駅北口すぐ)
  • 内容 映画上映後、天笠啓祐さん(遺伝子組み換えいらない!キャンペーン代表)講演会
  • 資料代 500円 (資料準備の都合上、事前にお申込みいただくと助かります)
  • 主催・問合せ先  武蔵野・生活者ネットワーク
  • 共催 武蔵野・生活クラブ運動グループ地域協議会
  •  Tel/Fax 0422-36-3767