神田川を地域のオアシスに

2006年6月12日 15時49分 | カテゴリー: トピックス

エコメッセ2006in吉祥寺

 環境まちづくりNPOエコメッセのイベントに参加しました。エコメッセとは、環境をテーマに、東京全体に活動をひろげていくことをめざしていまます。それぞれの自治体で環境テーマを決め、リサイクルユースショップを立ち上げ、その売り上げの一部を環境活動のための資金に充てています。現在は、自然エネルギーをテーマとした『元気力発電所』、水と緑をテーマとした『水・緑・木地』『てらのサウルス』自然エネルギーの推進と資源の循環をテーマとした『風とみどりのマルシェ』の9店舗が東京都内で事業を行っています。
当日は残念ながら雨模様でしたが、武蔵野市長も立ち寄り環境問題への関心の高さが伺えました。イベントでは神田川ネットワークの糸井さんからレクチャーがあり『神田川学事始』として、井の頭公園は神田川の始まりということ、武蔵野台地に降った雨は地下水の水脈を通って神田川の一滴をつくっているとの説明を受けました。その後神田川の水源付近を散策しました。